パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

ファラエル

マレ地区は、19世紀以来、東欧からパリにやって来たユダヤ人が多く住み着いた場所柄
ユダヤ人街のrue de Rosiers(ロジェ通り)には、エキゾチックな雰囲気が漂い
ユダヤレストランや、食料品店が立ち並んでいました。

またマレ地区は、パリでは珍しく日曜日も営業のお店が多く

私も日曜日にイスラムのポピュラーなファーストフード「ファラエル」に初挑戦しました。

「ファラエル」とは、細かく刻んだひよこ豆を団子状にし、コロッケのように揚げ
紫キャベツなど数種類の野菜とビタパンにサンドされたコロッケバーガーのようなもの。
お腹いっぱいになりますが、案外ヘルシーです。

並んだ(いつも行列ができている)お店は、STRVDELS BLNIS。
rue des Hospitaileres St-Gervaisnにあり、この通りはMUJI(無印良品)もありました。

店内はカフェもあり混んでいました。
レジに並び、ファラエルを買いたい旨を伝え、支払いを済ませレシートをもらいます。
それから外の列に並び、買いました。
二人以上で行く場合は、連携プレーで並べば効率的ですね。

味は、コールスロー&コロッケバーガーのようで、
美味しかったです。


にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

パン屋さんへ戻る