パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

カフェ・ド・フロール

創業1860年、サルトルがここの2階を書斎兼、応接間にして使っていたそう。
いつもとても混んでいます。

ここのテラス席に座っている時に、目の前をソニア・リキュールが通ったり
ソニアの娘で片腕の、ナタリー・リキュールを店内で見かけたこともあります。
とても迫力のある二人、このカフェの常連だそう。
ソニアの本店&オフィスが近くにあります。

パリに関する本を読むと、パリでもスノッブな人は隣のドゥマゴでなく
フロールに来るそう。
客層を見比べると、そんな気もします。

ここのギャルソンは創業以来代々、右利きのフランス人男性でしたが
2005年初めて外国人のギャルソンを採用。
それが、日本人男性だと新聞で見ました。
楽しみにして行きましたが、お会いできませんでした。

品があって大好きなカフェの一つです。

・メトロCStーGermain de Pres

・172,bd St-Germain 6e

・7:30〜翌1:30

・無休

カフェ・フロールのサイトはこちらから


にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

カフェ&サロン・ド・テへ戻る