パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

オルセー美術館


印象派の絵画が大好きで、何度も訪れているオルセー美術館。
かつて駅のホームと線路があったこの開放的な空間には、
やはり毎回歓声をあげてしまいます。

決して小さくないのに、全く迷うことのないこの美術館のつくりが
絵画鑑賞に神経を集中でき、ありがたい。
何度も見ている絵のなかで、
毎回その時々でお気に入りが変わるのは不思議です。
自分の環境、年齢、心の状態などによるものでしょうか?

今回は、改めてゴッホの「オーヴェル・スュル・オワーズの教会」の
紺色に新鮮な衝撃を受けました。
この紺は、こんなにも鮮やかだったのかと。
もしゴッホの生前に、彼の絵が売れていたなら
その画風は変わっていたのか?といつも思います。

あとは、今回とにかくロートレックの魅力に魅了されました。
光がたっぷり当たる「ムーランルージュの踊り」と
「マウル舞踊ないエジプト舞踊団」もすごくいい。

このすぐ横の窓から見えるサクレクール寺院とセーヌ河も必見。
美しいです。
夏にはテラスに出ることができますが、
今回はまだ開放されていませんでした。

その他、照明を落とした部屋で見るロートレックも格別。
改めて、その魅力を堪能できました。

沢山の作品に神経が疲れたら、中二階の長い椅子でロダンの彫刻を見ながら一休みがお勧めです。
疲れがとれたら、気分転換にそのままアールヌーボーの
家具や調度品鑑賞で気分転換。
また新鮮な気持ちで、絵画と向き合えます。

今回初めて見たものが、パリ万博の際、
エッフェル塔とその候補を競った「光の塔」の模型です。(1階)
鉄の塔 VS 石の塔。
やはりエッフェル塔でよかったと思いました。

その他、オペラ・ガルニエの断面模型も初めてみました。(1階)
その近くにあったガラスの床下には、
パリの街の模型が、いくつかの小動物の剥製とともに見ることができます。
結構グロテスクなところが、フランスっぽい気がしました。

特別展では、「セザンヌとピサロ展」が開催されていたため
朝、開演30分前に到着したにもかかわらず、
1時間以上並びました。
入場の事前予約もできたようで、
調べが甘かったなと反省しました。

この展覧会は、セザンヌとピサロの似た構図の絵をことごとく並べて見る者に見比べさせるというものでした。
最初は、ピサロもなかなかと思いましたが、
最後には、でもやはりセザンヌでしょ、と納得しました。
とにかく混んでいました。

以前大きかったここのミュージアムショップは、
かなり小さくなっていたことは、唯一残念なことでした。

しかしこれだけの大作が身近にあるとは
それはセンスも磨かれるな〜と、うらやましいかぎりです。


オルセー美術館のサイトはこちらから

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

パリの美術館へ戻る