パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

マイヨール美術館

ロダン以降の最も優れた彫刻家のひとりマイヨール。

意外にも彼の人生は、前半の40年は無名の彫刻家、
40歳からの後半40年は、有名彫刻画家であったといいます。

この美術館は、マイヨールの最後のモデルであり、ミューズであった
ディナ・ヴィエルニーが、95年に開いた比較的新しい美術館です。

ロダンの力強い彫刻に比べ、マイヨールの彫刻は
存在感があるのに丸く優しいという感想を持ちました。


館内には、ディナがモデルを務めたこともあるマティス・ボナールや、セザンヌ・ピカソ・藤田嗣治など小さな作品ながらも
バラエティーーに飛んだ作品群に感激しました。

マイヨールの絵画や洗面台なども見ることができました。

入ってすぐの木を使ったモダンな螺旋階段も、
マイヨールの彫刻と絶妙に調和していました。
一歩中庭に出た所とにあるミュージアムショップも
良かったです。

そして特別展のレネ・マグリット展がまた素晴らしかったです。
キャンバスではなく紙の上に繰り広げられる
彼の世界にもどっぷり浸かれて幸せでした。

小さな美術館での特別展でも、これほどのレベルの高さとは
パリならではなのでしょうか。

マイヨール美術館のサイトはこちらから


にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

パリの美術館へ戻る