パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

ドラクロワ美術館

サンジェルマン大通りの喝采から少し入った静な一画に
この美術館がひっそりとありました。

知らなければ、通りすぎてしまうほどさりげなく看板と国旗がでています。

ダビンチ・コードにも出てきたサン・シュルピス教会の壁画制作の時期に
住んだアトリエを美術館にし公開しています。


ドラクロワがモロッコ旅行で買い集めた品々や、使っていた椅子や暖炉など
当時の生活をあれこれ想像できました。

見学にさほどの時間はかからないので
サンジェルマンのショッピングの合間にも、十分立ち寄れます。


ドラクロワ美術館のサイトはこちらから


ドラクロワの顔入り看板。こちらも目印



中庭から見たドラクロワ美術館

小さいながら、
素朴な中庭が解放感があり素敵でした。




にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

パリの美術館へ戻る