パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

カルナヴァレ美術館

16世紀からのこの建物は、多くの貴族が住んだ由緒ある館です。
館内は、想像以上に大きく、迷子になりかけました。

フランソワ1世の時代から現代にたるまでの
パリの歴史資料が展示されていました。

中には、ルイ14〜16世が所持していた調度品や家具もありました。

門を入ってすぐの庭や中庭は、
とても美しく手入れされていました。
美術館で疲れたら、
庭のベンチで一休みがお勧めです。

今回は、ここで開催されている特別展「スター達のジュエリー」を楽しみにして行きました。

ティファニーやヴァン・クリーフ&アーペルなどニューヨークの高級宝飾店が提供した、
18世紀末から20世紀末の芸術的ジュエリーが約200点が見られる展覧会でした。

グレース・ケリー、ジャクリーン・ケネディ、ウィンザー公爵夫人が
身に付けたジュエリー、とても美しかったです。

また、ジュエリーを見ているパリマダム達のファッションチェックも
楽しかったです。

カルナヴァレ美術館の公式サイトはこちらから


特別展では、ジェーン・バーキンが
サーカスに参加している写真も展示されていました。



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

パリの美術館へ戻る