パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

パリ16区 イエナのマルシェ

パリ16区 イエナのマルシェへ行きました。

いつも滞在するサンジェルマン地区から、わざわざバスに乗って
野菜を買いに行ったパリ16区のイエナのマルシェ。

お目当ては、パリの3つ星レストランのシェフも通うという
チボーさん(ティエボーさん)のお野菜。

パリ在住のブロガーの方も、中村江里子さんのブログやテレビでも
何度も紹介されていて、そんなに美味しい野菜ならぜひ食べてみようと、
今回行ってみました。


日ごろ北海道でもわりと新鮮な野菜を農家の直売で購入している母が、
チボーさんのお野菜を見て一言「なんて、新鮮な野菜なの!
こんな今取ってきたばかりのような新鮮な野菜は見たことがない・・」。

サニーレタスのような葉ものを見て、言いました。


横を向いていらっしゃいますが、写真の左手がチボーさんです。
チボーさんのお野菜を食べてから、他で購入した野菜をパリでは食べられないねと
パリ旅行中に、イエナのマルシェへ2回野菜を買いに行きました。

チボーさんの野菜スタンドの前は常に人でいっぱいで、並んでいるのかと思い
最後尾っぽい所に並んで自分の順番を待ったのですが、
結局並んでいるようで並んでいるわけでもなく、
上手に店員さんと視線を合わせ、買ったもの勝ちのようでした。


鮮やかで目を引くイエナの花屋のスタンド。
お値段も決して高くありません。


ほかのパリのマルシェ同様、様々な種類のお店が出店していました。
チーズ、ワイン、パン、お惣菜はもちろんのこと、
ソファーの張替えの店まであり、驚きでした。

母はテーブルクロスを売るお店で、麻にワンポイント刺繍が入った
センタークロスを購入しました。その後キッチン雑貨屋で
全く同じものが売られていましたが、イエナのマルシェの方が安かったです。


イエナのマルシェにあるクレープ屋さんで、朝食のガレットを食べました。
数席ですが食べる席が用意されていました。

以前テレビ番組で、雨宮塔子さんが誰かをこのイエナのマルシェに案内し
ここでガレットのクレープを食べた際、どこのガレットでも美味しいわけではなく
イエナのマルシェのガレットだから美味しいというようなことを言っていたので
ぜひ食べてみたかったのです。

こちらはそば粉を使ったガレットのメニュです。

私が注文したのは、12番Bisquine:チーズ、トマト、シャンピニオン(きのこ)
が入ったガレット5ユーロです。

とっても美味しかったです!!

甘いクレープのメニューです。
どれか1枚くらい食べてみればよかったです。次回はきっと・・・。


目の前で焼くので、楽しくなります♪


きのこを炒めているところです。


母は私と違うガレットを注文し、私のガレットの方が数倍美味しいと
(一口あげた)悔しがっていました(笑)。


イエナのマルシェの目の前は、前回行って大好きになったギメ東洋美術館です。


アジアの様々な仏像が一堂に見ることができ、とても神秘的です。
日本美術のコーナーでは、尾形光琳や尾形幹山の器や
マリーアントワネットが所有していた漆塗りの印籠など
日本でもそう簡単に見ることができない美術品が常設されています。


サンジェルマンのビオ(オーガニック)のラスパイユのマルシェの野菜も
美味しかったものの、イエナのマルシェのチボーさんのお野菜は
さらに上のお味でした。おすすめです。


<イエナ(iena)のマルシェ Marche President Wilson >

住所:Av du President Wilson 75016 Paris 

地図はギメ東洋美術館ですがienaのマルシェはそのすぐ前です

水曜日 7:00〜14:30
土曜日 7:00〜15:00

メトロ:9番IenaまたはAlma-Marceau


にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

パリのマルシェへ戻る