パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

オ・ルヴァン・ダンタン〜パリ18区モンマルトルのパン屋

パリ18区 モンマルトルにあるパン屋、オ・ルヴァン・ダンタン(Au Levain d’Antan)
は、2011年のバゲットコンクールで優勝したパン屋さんです。

2010〜2012年まで、パリ18区モンマルトルのパン屋さんが
のきなみバゲットコンクールで優勝しています。


朝食用に購入したのは、バゲットのサンドイッチです。
購入したのは、レタス、生のトマト、ドライトマト、チキンの入ったバゲットです。
お味は、もちろんものすごく美味しかったです。

歩いて10分もかからない同じアベス通り(rue des Abbesses )には、
2010年にバゲットコンクールで優勝したパン屋のル グルニエ ア パン
(Le grenier a pain)
があり、昨年バゲットのサンドイッチを食べて
あまりの美味しさに感動しました。

今回のオ・ルヴァン・ダンタン(Au Levain d’Antan)と
ル グルニエ ア パン(Le grenier a pain)はどちらが美味しかったかというと
あまりにもハイレベルな戦いで、甲乙つけがたいです。

定休日が違うので、その辺で使い分けてもよいかもしれまんし
ル グルニエ ア パン(Le grenier a pain)は、パウンドケーキも購入しましたが
たいへん美味しかったです。


オ・ルヴァン・ダントン(Au Levain d’Antan)のお向かえにあるカフェ
ル トンプリエ(le tomplier)
でカフェを飲みました。

モンマルトルでは、サクレクール寺院の外観を眺めたあと
画家の集まるテルトル広場を通って、モンマルトル美術館へ行きました。


モンマルトル美術館の裏手にある、パリで唯一のぶどう畑です。
秋に行ったので、ぶどうが生っていいるのを初めて見ました。


ユトリロの描いたモンマルトルを散策は、とても楽しいですし
生地屋街もるので洋裁好きでなくても、あまりにも美しく手頃な生地が
たくさんあるので、何か作りたくなります。

次回は、2012年バゲットコンクールの優勝店である
ブーランジェリーセバスチャン・モヴュー(Sebastien MAUVIEUX)へも
行ってみたいです。 


<オ・ルヴァン・ダンタン(Au Levain d’Antan)>

住所:6 rue des Abbesses 75018 paris 地図

Tel : 01 42 64 97 83

営業時間 : 月曜〜金曜日、7時〜20時30分

定休日 : 土曜、日曜日

メトロ : 12番線 Abbesses

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

パン屋さんへ戻る