パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

マリアーヌカンタンのバター パリ7区

パリ7区 マリアーヌカンタン(Marie Anne CANTIN)は、
エリゼ宮へもチーズを卸すという高級なチーズ屋さんです。

行ってみたいと以前から思っていたものの、パリ7区はメトロを降りてから
わりに歩くので、以前は面倒で行かなかったエリアでした。

けれどお土産でマリアーヌカンタンのバターを食べて、
そのあまりの美味しさに感動しました。

パリのバターはボルディエやエシレのバターを購入し、その美味しさは
日本での雪○のバターの比ではないことはわかっていたものの、
私は、パリのバターの中でも一番好きかもなと感じた美味しさでした。

いつも楽しみに見ているテレビ番組「パリで逢いましょう」でも、
パリ7区の放送で、このマリアーヌカンタンが出ていて
絶対に自分でも足を運んでバターを買うぞ!と思い、今回初めて行きました。


平日に行ったせいか店内に他の客はなく、店員さんにまずはパリ旅行中に食べる
チーズを探すため、種類やクセの強さなどを教えてもらい
画像手前のヤギのフレッシュチーズ(小ぶりなもので3.8ユーロ)と、
奥のミモレット(小さいカットで4.2ユーロ)を購入して食べました。

ヤギのフレッシュチーズは、クセがなく軽く爽やかな酸味があり
トマトやレタスと一緒にサラダに入れていただいたり、
そのサラダをバゲットに挟んでサンドイッチにして食べると
ものすごく美味しかったです。

ミモレットもたいへんコクがあり最高に美味しく、
パリの部屋で寝酒の赤ワインと相性が抜群でした。
友人のお土産にもこちらを購入すると、たいへん喜ばれました。


バターは塩入り(demi-sel)と無塩(doux)があり、サイズも大中小がありました。
大きい250gがお得でそれを購入し、6ユーロくらいだったと記憶しています。
バターにマリアーヌカンタンと書かれ、お花まで描かれていて可愛いです。

以前日本人がバターを大量にまとめ買いし、その時から日本人はひとりバター4個まで
と決められているらしいという噂を聞きましたが、私は大きなサイズ2個とチーズの
購入でしたので、嫌な顔をされることもなく丁寧な対応でした。

バターもチーズも真空パックのお願いをすると、
バターは真空の必要がありませんと日本語で書かれた紙を見せられ
日本人がたくさん来店するから用意したのだなと、面白かったです。

バターは自分で日本から持参したサランラップに包み、ジップロックに入れて
保冷用バックに保冷材と一緒に入れてスーツケースに入れて持ち帰りました。


<マリアーヌカンタン(Marie Anne CANTIN>

住所:12, rue du Champ de Mars 75007 Paris 地図

営業時間:月曜14:00〜19:30、火曜〜土曜8:30〜19:30 日曜8:30〜13:30

メトロ:8番 Ecole militaire / Tour Maubourg

マリアーヌカンタンのサイトはこちらから


マリアーヌカンタンのあるrue du Champ de Mars通りは、
パリ7区の美食商店街rue Cler通りと交差しています。

今回初めて通ったrue Cler通りが、とても気に入りました。
画像上はrue Cler通りにあったBIO(オーガニック無農薬)の果物屋さんです。


購入したのは生のイチジクと、レーヌクロード(Reine Claude)。
生のイチジクを食べる機会がほとんどないので、貴重な美味しさでした。

レーヌクロード、すももです。
どこで購入しても当たり外れが少ないフルーツとして
パリ在住の方のブログで紹介されていたので、食べてみました。
程よい酸味があるすももで、洗って皮のままいただきました。


こちらはイタリアン惣菜屋ダヴォリ(DAVOLI)です。
とても美味しそうなパテや野菜のお惣菜が並んでいました。
今回は眺めるだけで購入しませんでしたが、次回は絶対何か食べてみたいです。


<ダヴォリ(DAVOLI)>

住所:34 rue Cler 75007 Paris 地図

営業時間:火、木、金、土曜日 8:30〜19:30

     水曜日 8:30〜12:30

     日曜日 8:30〜13:00

定休日:日曜の午後と月曜日

メトロ: Ecole Militaire

バス 28 - 69 - 80 - 92

ダヴォリ(DAVOLI)のサイトはこちらから

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

パリのチーズ屋・お惣菜屋へ戻る