パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

ストレー(Stohrer)〜パリ2区モントルグイユ

パリ2区のモントルグイユにあるストレーは、
パリで一番古い老舗のフランス菓子屋さんです。

創業は1730年、フランス王ルイ15世に嫁いで来たポーランド王スタニスワフ1世の娘
マリーのお抱え菓子職人であったニコラ ストレー(Nicolas STOHRER)が
パリで最初のパティスリーを開店したということです。


ストレーの店の前には、歴史的な場所としての由来が書かれたプレートがあります。
1725年にフランス王ルイ15世に嫁いで来たマリーのお抱え菓子職人であった
ストレーが5年後にパティスリーを開店させたこと。
このお菓子屋、ストレーのおすすめは、ババ・オ・ラム(Baba au Rhum)と
ピュイ ダムール(Puits d’Amour)だと書かれています。

あとで読めばいいやと、写真だけ撮って入店した私は
今これを書きながら、ピュイ ダムールもスペシャリテだと知って少し愕然・・・(汗)。

けれど、ストレーと言えば、ババ・オ・ラム(Baba au Rhum)というのは
有名でしたので食べてみたかったものの、アルコールに強くない私は
店員の方にババやサラヴァンのアルコールがどのくらい強いか聞くと
アルコールド45度という返答に負けて、スペシャリテは断念したのでした。


ババを断念後、何のケーキを選ぼうか迷っていると
店内にフィガロスコープでエクレアがパリで優秀なエクレアとして選べれて
いるようでしたので、エクレアを購入しました。


パリでエクレアといえば、メゾンドショコラのエクレアが一番好きですが
今回のパリ旅行中は、サンジェルマンのメゾンドショコラは改装中で
食べる機会がなかったので、ちょうどよいタイミングでした。

ストレーのエクレアも、中はカスタードクリームにショコラを加えた
甘すぎない美味しいクリームがたくさんはいっていて美味しかったです。


2004年の4月にエリザベス女王も来店されたようで、
そのときの写真がポストカードとして売られていました。


夕方とあって、ワンホールのケーキもどんどん売れていきました。


またストレーでは、お惣菜やパンも購入できます。
かなり立派な前菜になるお惣菜で、次回は食べてみたいです。


モントルグイユ通りは初めて歩きましたが、
活気がありとても魅力的な通りでした。

ストレーのお隣は、有名なパリのパン屋さん
ブーランジュリー モンジュでした。


<ストレー(Stohrer)>

51 rue Montorgueil 75002 Paris 地図

メトロ : 4番線 Les Halles、Etienne Marcel

Tel : 01 42 33 38 20

営業時間 : 7:30〜20:30

定休日 : 年中無休(8月1日〜8月15日 ヴァカンス休み)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

パリスイーツへ戻る