パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

ベッジュマン&バートン(BETJEMAN&BARTON) パリ

ベッジュマン&バートン(BETJEMAN&BARTON)は、
パリで今回初めて訪れた紅茶専門店です。

もともとその存在さえ知らなかったパリの紅茶専門店でしたが、
雑誌のパリ特集で、パリ在住の日本人料理人の方がおすすめしている記事をみて
絶対行きたかったお店でした。


ベッジュマン&バートン社は、ダブリンとロンドンで紅茶を学んだ
アーサー・ベッジュマン氏が1919年パリで紅茶の専門店を開いたのが
始まりだということです。

パリで最も権威のあるグルメ雑誌「LE GUIDE DES GOURMANS」の紅茶部門で
金賞を受賞するなど、フランスにおいてたいへん評価の高い紅茶です。

ベッジュマン氏により世界に先駆けて開発されたフレーバーティーは、
オリジナリティー溢れる最高級なものばかり・・という評判どおり、
たいへん美味しい紅茶で感動しました!

まず飲んでみたのは、レ クラシック(Les Classiques)です。
こちらはパリの五つ星ホテルでも採用されている大人気のフレーバーです。

ブルボンバニラとキャラメルが上品に香るブラックティーベースの紅茶です。
香りはほんのり上品に甘いのですが、その香りは主張しすぎず
紅茶自体は甘くはありません。

パリの五つ星ホテルでも採用されているのが納得の美味しい紅茶でした。
普段ならキャラメルの香りの紅茶は選ばないのですが、
ベッジュマン&バートンのレ クラシックは、お気に入りの紅茶のひとつとなりました。
甘いパンや、スイーツなどともたいへん相性がよいです。

私はいつも紅茶は缶入りではなく、紙のパックに紅茶を量り売りしてもらい
持参したジップロックに入れて日本へ持ち帰っています。
その方がスーツケースの中でかさばらず、しかも缶の分お値段もお得に購入できます。

このベッジュマン&バートンのレ クラシックは、100gで5.4ユーロでした。
こんなに美味しい紅茶がこんなにお安く買えるのかと、驚きです!!

ちなみに日本でもネットショッピングでも一部購入でき、
缶なしのものでも、お値段はパリの4倍もします!

次に飲んでみたのは、エデンローズ(Eden Rose)です。
ラベンダー、バニラ、ベルガモットにバラの花びらが入った、
見た目にも華やかな香り高いフレーバーは、ノルマンディーの美しい庭園を
彷彿とさせるという紅茶です。

こちらもほんのりと上品にローズの香りがするので、
一般のローズティーよりも洗練された紅茶だと思いました。

ベッジュマン&バートンのエデンローズは、100gで4.82ユーロ(缶なし)。
おっ、お安い!

まだ2種類しか飲んでいませんが、すっかりベッジュマン&バートンの大ファンになり
パリ旅行へ行くときは、絶対はずせないお店となりました。

ベッジュマン&バートンの紅茶の方が、
マリアージュフレールの紅茶よりもお安い印象です。

マリアージュフレールの店舗のように、紅茶の香りを自分で勝手に
かぎ比べたりはできずに、店主とのやりとりで大きな茶葉の缶から直接香りを
かがせていただくというかたちになりますので、少し面倒だったりもしますが
それがまたパリらしい買い方という気もします。

ベッジュマン&バートンの紅茶の種類は、
オンラインショップの日本語の説明を参考になりました。

パリのベッジュマン&バートンでは、紅茶の名前と
お値段が書かれてある紙もいただけます。
パリ土産のおすすめのお店です。


<ベッジュマン&バートン(BETJEMAN&BARTON)>

@住所:23 boulevard Malesherbes 75008 Paris 地図

電話:01 42 65 86 17

営業時間:10時〜19時

休み:日曜日


A住所:24 boulevard des Filles du Calvaire 75011 Paris地図

電話:01 43 57 15 50

ベッジュマン&バートン日本語のサイトはこちらから

ベッジュマン&バートン英語フランス語のサイトはこちらから


マドレーヌ広場から徒歩10分くらいの23 boulevard Malesherbesの店舗は、
目の前がバス停でした。

次回はバスも利用したいです。

バス:84番 

停留所:Anjou-Chauveau-Lagarde

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

紅茶専門店へ戻る