パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

ポワラーヌのパン パリ6区 

ポワラーヌのパンと言えば、日本やNYのデパートにパン ド カンパーニュ
(田舎パン)が空輸されるほど有名なパリのパン屋です。

パリ6区にあるポワラーヌは、とても小ぢんまりした店ですが
200年の歴史を誇る老舗のパン屋さんです。


こちら画像上がパン ド カンパーニュ(田舎パン)です。
噛みごたえのある酸味のある食事パンで、サンドイッチにも向いています。

厳選されたブランスの小麦とゲランドの塩を使い、もみの木の薪を使用し
石窯で焼かれる天然酵母のパンは格別です。

大きくどっしりとし重いパン ド カンパーニュ(田舎パン)は、
パリ旅行滞在中に食べるよりも、お土産に買って帰ることが多いです。


画像上のようにお店では簡単な紙袋へ入れてくれるので、
あらかじめ日本からジップロックとサランラップを持参して
ラップをぐるぐる巻いて、乾燥しないように梱包しスーツケースに入れて
日本へ持ち帰ります。

1/4から購入できます。


パリ旅行中に食べるパンは、クロワッサンやリンゴのパンなどです。


ポワラーヌのクロワッサンは、バター控えめな軽いお味のクロワッサンでした。
私は、バターたっぷりのクロワッサンが好きですので、少し物足りない気がしましたが
サクっとして上品なお味です。


こちらはポワラーヌのリンゴパイです。
こちらもバター控えめの軽いお味です。


お会計の際、レジ付近に人気のくるみパンもありました。
そして秘かなブームのポワラーヌのクッキーもありました。

試食もあり1枚どうぞと勧められ、うれしくいただきました。
ポワラーヌのクッキーもバター控えめな、とても素朴なお味のクッキーでした。


ポワラーヌのあるパリ6区のシェルシュミディ通り(Rue du Cherche Midi )は、
素敵な雑貨、靴屋、日本人のオーナーソムリエのビストロと、
たいへんに魅力のある通りです。散策におすすめです。


<POILANE (ポワラーヌ)>

住所:8,Rue du Cherche Midi -75006 Paris

電話:01 45 48 42 59

営業時間 : 7:15-20:15

休:日

メトロ:IKSevres Babylone

ポワラーヌのサイトはこちらから


ポワラーヌのお隣には、ポワラーヌのパンを使ったサンドイッチが食べられるお店
「CUISINE DE BAR」というカフェがあります。

<キュイジーヌ・ドゥ・バー>

・メトロ IKSevres Babylone

・営業9:00〜19:00

・休み 日・月曜

・8,rue du Cherche Midi 6e

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

パン屋さんへ戻る