パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

エリックカイザー パリ6区サンジェルマン店

エリックカイザー(boulangeries eric kayser)パリ6区サンジェルマン店が
改装オープンしたのは2008年春のこと。

今まであったイーインコーナーがなくなり、パンとスイーツの
ショーケースが大きくなってさらに充実しました。

日本でもメゾンカイザーとオテルドカイザーで同じものが購入可能
ですがパリ本場の味をと、購入しました。

メゾンカイザーでは日本の小麦を使用しているということですが、
オテルドカイザーは、フランス小麦を使っているので
味の違いはないように感じました。

ただ、職人さんはもちろんバターやお水、何より湿度が違うので
パリと日本では、全く同じ味ということはないということです。


画像上は、レモンパイ(bichon au citron)です。
レモンクリームが入ったパイを焼いてキャラメリゼしたもので、
表面はかなりカリっとしています。

キャラメリゼしてカリッとしたパイに対し、
レモンクリームの酸味がアクセントの美味しさです。

同じ形でリンゴのパイ、ショッソンオポムもおすすめです。
ショッソンオポムはキャラメリゼしていないので、
パイ生地がレモンパイとはまた違い美味しいです。


私は甘いパンが好きなのですが、パリのエリックカイザーといえば
やはりハード系のパンが有名ではないでしょうか。

パリのエリックカイザーでは、画像上のような食べやすい
小ぶりのハード系パンの種類も豊富でした。
画像がありませんが、黒オリーブの入ったパンなども美味しいです。

パン屋でパン、チーズ屋でチーズ、さらにはシャクトリー(肉の加工品店)で
パテなど購入すれば、パリらしい立派な食事になります。

パリ旅行はみどころ満載でビストロやレストランなど毎日行けない場合でも、
このような食事で十分にパリらしい美味しい思い出をつくれると思います。


パリのエリックカイザー、次回は5区の本店へも行ってみたいです。


<エリックカイザー boulangeries  ERIC KAYSER サンジェルマン>

住所:10,rue de l'Ancienne Comedie 75006 Paris

Tel: 01 43 25 71 60

営業時間: 7〜20:30

定休日: 日曜日

METRO: 4番線 ODEON

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

パン屋さんへ戻る