パリのアパルトマンに滞在する個人旅行の虜となった、パリ旅行 ブログです。

パリ オランジュリー美術館

パリのオランジュリー美術館は、小ぢんまりした美術館ながら
モネの睡蓮の部屋をはじめ、素晴らしい印象派の絵画が見られる
たいへん見ごたえのある素晴らしい美術館です。

そもそもナポレオン3世が、オレンジ栽培の温室のため作った館なので
オランジュリーと名前が付いた美術館だそうです。

掘れば遺跡が出てくるため、改装に長い時間がかかった
新しいオランジュリー美術館は、日光を取り入れたモダンな内装です。


館内はたいへんシンプルなつくりで、ルーブル美術館のように迷うことのない
そういった意味で、落ち着いて絵画を鑑賞できる美術館です。


オランジュリー美術館は、1927年クロード モネの睡蓮の連作を
納めるために整備された美術館だということです。

今回の改装で睡蓮の連作は、館内にいながらにして日光の加減で様々な表情を変え
広く開放的で、そのの魅力を存分に堪能できる空間に生まれ変わりました。


上の画像のような、ルノワールの静物画を見られるのも魅力です。
もちろん、ルノワールの幸福に満ちた人物画も見られます。


おなじみのセザンヌの静物画も、小ぶりながら存在感があり魅力的です。
セザンヌの描いた花の絵は初めて見ました。

ブルーの明るいタッチで描かれたセザンヌ夫人の肖像画は、
日光があたり清々しくきれいでした。

セザンヌの水浴画も、サイズがオルセーのものと違うと
また違った趣があり素敵です。

モディリアーニを見ることができるのも、オランジュリー美術館の魅力です。
こちらは日光下ではなく照明で見せ、背景もシックな色合いです。

マリーローランサンの絵画もあります。
画像すぐ上のシャネルの肖像画は、「似てないから」と
シャネルから受け取りを拒否された絵画です。

アンリ マティスが大好きな私は、マティスの油絵を堪能できる
パリでも貴重な美術館としてもオランジュリー美術館は大好きです。


ピカソの絵画は、マレ地区のピカソ美術館でもたくさん見ることができますが
オランジュリー美術館の絵画も、存在感があります。


パリでもあまり見ることができない、ユトリロの絵画も見ることができます。
モーリス ユトリロのシンボルマークである白が基調のモンマルトルの他に
タッチは暗めでも、色彩豊かなユトリロが観賞できるのも魅力です。


スーチンの絵画も、あまりパリでは見かけませんが
オランジュリー美術館には、スーチンの魅力的な絵画があり感激でした。
歯の磨き方も知らなかったスーチンに、モディリアーニが歯磨きを教えたという
話をテレビで見て驚きましたが、彼の絵画・特に上の2枚の赤の色使いに
魅了されます。大のお気に入り絵画です。


オランジュリー美術館の目の前はコンコルド広場、後ろはチュールリー公園と
パリ旅行でも行きやすい場所にありますので、時間が許せばおすすめの美術館です。


<オランジュリー美術館>

所在地
Jardin des Tuileries 75001 Paris

■ アクセス
地下鉄コンコルド(Concorde)駅下車

■ 開館時間
9:00-18:00

※開館時間ですが、私が訪れたときは、午前中は団体客専用で個人旅行者は
午後からでしたので、あらかじめ開館時間を確かめることをおすすめします。


■ 休館日
火曜日、5月1日、12月25日


オランジュリー美術館のサイトはこちらから

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします↑

▲Top of page

パリの美術館へ戻る